STRIKE BLUE

求められるような 答えを出せず
立ちすくんで
誰にも言えなくて 不安と絶望に
浮かされて

昨日までの自分に背を向け
変わることが正しいのか
わからなくなる 午前2時
ひとりで悩んでても…

JUST!
Believe in my heart!
変わらなくていいんだ それが自分ならば
JUST!
Looking for my words!
いつかきっと 自分だけの言葉を見つけて

今日も空は果てなく青く広がって行く

誰かに決められた自分を演じたままで今日も
失くしたものにさえ気づかないふりで
過ごしたけど

増える吸いがらアルコール度数
すり減らしてく僕らしさ
わからなくなる 午前5時
夜明けはすぐそこまで…

JUST!
Bring me so high!
どんなときも 変わらない自分を信じて
JUST!
Keep my only style!
いつもずっと 僕が僕らしさを選ぶこと

今日も空は果てなく青く広がって行く

JUST!
Believe in my heart!
変わらなくていいんだ それが自分ならば
JUST!
Looking for my words!
いつかきっと 自分だけの言葉を見つけて

今日も空は果てなく青く広がって行く

今日も空は変わらなく青く
Just sky blue strikes my blue.


SPRINGBACK

君の手の温もりを 忘れようとする度また
心は震えている 春の訪れを待ちわびていた

途切れた糸をまた 手繰り寄せるような記憶は
何故か彩られて蘇る 

真夜中過ぎにまた うなされて目覚めた
忘れたつもりのまま 想いを捻じ曲げた

揺蕩う浮雲 明日は何処へ
止まない雨音 気付けば花時雨

君がまた笑うから 僕は何も聞けなくなる
  • 想いは切なくただ 春は過ぎてまた季節は巡る

    今夜も朧気 迷い込んだ
    移ろう憂き世に せめて咲き乱れて

    儚く散る想いは 過ぎる春に舞う花弁
    美しさに魅せられ 春の虚しさも知らず

    夢に夢見、揺られて 恋に恋し、また焦がれて
    いつかまた会えるかな あれはきっと確かに恋だった 

君の手の温もりも いつか忘れてしまうだろう
それでもこんな唄を 春は過ぎてまた季節は巡る


COURT OF FREEDOM

誰かのつぶやきで 何かに気付くこともある
ひとつひとつ振り返る まだまだこれからだ

誰もが見失う 気付かないまま忘れてく
あの頃描いてた 未来はどこへ

too late to notice?
湧き上がる衝動と鳴り響く轟音
突き上げる拳に乗せ

朝靄にかすれて 消えそうなこの胸の奥
かすかな 叫びにも似た あの頃の思いを

誰かのためじゃなく さざめくこの心のまま
あの頃描いてた カタチに変えて

to gain freedom
くすぶってる情熱と限りなき創造
突き抜ける声に乗せて

誰もが譲れない『今』を抱えて歩いてく
ひとりひとりそれぞれの未来を描くのさ 


DIVING IN MY COURT OF FREEDOM. 


I'll

曖昧な未来は 手探りしてもまだ
ゆらり揺らめく季節 木漏れ日の中
吹き抜けてく風

思い描く明日は 夜に紛れてしまうから
また ありふれた朝を繰り返す
そんな日々送って

時間はただ過ぎてく 僕の胸を通り抜け
何もできなくて それでもまだ
世界は回って行くけれど

I 'll sing lonely.
このまま歌い となりに君がいなくても
I must strongly live.
それでも少し 動き出した
そういつか 話したいストーリー

時間はただ過ぎてく 僕も君も追い越して
何かが終わって それでもまだ
終わらない歌があるのなら

  • I'll sing lonely. 
このまま歌い となりに君がいなくても
I must strongly live.
それでも少し 動き出す 今日を刻んで

I miss you,baby.
また振り返る 色褪せてしまうとしても
I'll sing lonely.
それでもいつか 話せるかな 

そういつか 笑いあうように…


Another side of hill

白く優しく すり抜けるような
木漏れ日の中で ただ追いかけた
あの日の幻はかき消されて
今 生まれ変わるメロディー

碧く輝く 空を見上げて
コバルトブルーの海に抱かれて
手を重ね 未来を夢見た日々
そっと 色褪せてくメモリーズ

I wish to go over this hill.
ここに見える
変わらない景色は 今もきらめいて
I wish to go over this hill.
置き去られて
セピア色に染まり残らない君の影

胸を焦がしたあのエピローグ
だから動き出すこのプロローグ
ある歌の音のひとつは途切れ
また 奏で出したメロディー

I don't care if you don't know my singing…

“サヨナラ 君がいた日々”

I wish to go over this hill.
少し少し
歩き出す坂道 頬をふれた風
I wish to go over this hill.
振り返ると
遠くなってゆく空 小さくなる海
I wish to go over this hill.
色褪せてく
景色に手をふりまた未来を見つけにいこう


Cause it's

Just tell me why? 何がしたい?
転がり続けるこのlife
四苦八苦して進む今 
knock outにおびえるただ

今日もまた繰り返すだけだ
このがんじがらめのmy future
I wonder?

とどまることなくまだまだ続いてく
変わることなく歩き続けてる

疑うことを 歌があることを
思い出し その足 止めて叫んでみろ

こだますこの声の向こう側に
つかむ明日輝く さあ Are you ready?

“この声が聴こえますか?”

他の誰でもなくこの自分の胸に

I still sing even if you never hear my voice,
cause it's all of me.
That will do.

舞い散る傷 自分に自由 世界には愛を
そうひとつ灯した理由

That will do.